8.2.1 合併協定書

●●●●株式会社(以下「甲」という。)と株式会社○○○○(以下「乙」という。)は、合併に関し、以下のとおり合意した。

第1条  甲及び乙は、平成●年●月●日に合併し、甲は存続し、乙は消滅する。

第2条  甲及び乙の合併比率は対等とする。

第3条  甲は、合併により称号を●●○○株式会社に変更する。

第4条  合併承認総会の期日は、平成●年●月●日とする。

第5条  甲は、乙の株主に対して、1株につき●円の合併交付金を支払う。

第6条  甲が有する乙の株式に対しては、新株の割当をしない。

第7条  甲は、合併により資本金●円を増加し、乙の利益準備金及び任意積立金の額に相当する利益準備金および任意積立金の額を増加する。

第8条  乙の取締役及び監査役は、合併の日に、甲の取締役及び監査役に就任する。

第9条  合併の日に、甲の代表取締役会長には●●●●が、代表取締役社長には○○○○が、それぞれ就任する。

第10条 平成●年6月の定時総会において、利益配当金として、甲は1株金●円、乙は1株金○円を支払う。

第11条 甲は、合併により乙の従業員全員を引き継ぎ、乙の勤続年数を甲のそれと通算する。

第12条 合併期日は平成●年●月●日とし、直ちに合併登記をする。

第13条 甲及び乙は、誠意をもって合併手続を推進し、なるべく早い時期に、合併契約書を作成して、合併契約を結ぶ。

第14条 甲及び乙は、合併についての企図及び本協定書の内容について、秘密を厳守し、関係役員及び従業員の秘密遵守を監視し、合併契約締結後、直ちに合併の概要を公表する。

以上、本合意を明確にするとともに、誠実に合併契約書を作成する努力をすることを確約して、本協定書2通を作成し、甲及び乙が署名又は記名及び捺印のうえ、各1通を保有する。

平成●年●月●日 

甲 東京都●●区・・・
●●●●株式会社
代表取締役  ●● ●●     印

乙 東京都○○区・・・
株式会社○○○○
代表取締役  ○○ ○○     印